融資を受けたいけど分からないことが多い・・・融資希望時の相談はどこに? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.11

4 views

融資を受けたいけど分からないことが多い・・・融資希望時の相談はどこに?

融資を受けたいけど分からないことが多い・・・融資希望時の相談はどこに?

「融資を受けて創業資金や事業資金に役立てたいけど、どこに申し込めばいいのかわからない・・・」「どのような機関が融資を行っているのか知りたい・・・」
そんな事業者の方のために、本記事では融資の相談ができる窓口についての情報をまとめました。
・金融機関
・行政窓口
・日本政策金融公庫
・ノンバンク系
・その他

の項目ごとに詳しく解説していきます。

金融機関

融資を受けるというと、銀行などの金融機関を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
・都市銀行
・地方銀行
・信用金庫
・信用組合

といった金融機関で融資の相談ができます。

どの金融機関を利用する場合でも、
・直接融資(プロパー融資)
・信用保証協会の保証付き融資

の2種類があります。
保証付き融資を利用する場合は、別途保証協会への保証料が必要となります。

行政窓口

あまり知られていませんが、各自治体でも経営や創業についての相談ができます。
必要であれば公的制度についての案内もしてくれるので、各種制度が利用できるか自治体の役所等で聞いてみましょう。

融資以外にも、専門家の指導が受けられることもあるので、事業についての知識を付けたいという方にはおすすめです。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、日本政府が100%出資している政府系金融機関です。
個人事業主・中小企業・農林水産業などに対しての支援を行っており、都市銀行などと比べて融資が通りやすいのが特徴です。

そして日本政策金融公庫の融資は、金利が比較的低め。
また、返済期間の調整もしやすいので無理のない返済計画が立てられます。
無担保無保証で申し込めるプランもあります。

日本全国に支店があるので、相談もしやすいのが特徴です。
難点を挙げるとすれば、申請時に必要な書類が多く審査に時間がかかることでしょう。

ただ、資金面での体力もあるので工場設備のためなど高額融資の申し込みもしやすいというメリットがあります。

ノンバンク系

金融機関以外で貸し付け業務を行っている窓口をノンバンク系と呼びます。
・消費者金融
・信販会社
・リース会社

などの窓口で相談できます。

ノンバンク系には、ビジネスローンといって事業者向けのローンプランがあり申し込みには決算書の提出が必要な場合があります。

また、ノンバンク系のビジネスローンは審査が比較的通りやすい一方で、金融機関と比べて金利が高いという特徴がありますので借入金額には注意してください。

商工会議所など

その他の方法として、「商工会議所」からの融資紹介という選択肢もあります。
商工会議所は全国に多数あるので相談もしやすく、小規模の事業者への支援も行っているので銀行から融資を断られたという場合でも利用されることが多いです。

商工会で「紹介」されている融資には、
・マル経融資(商工会から経営指導を受けている場合、無担保無保証で運転資金などの借り入れができる)
・一般貸付融資(日本政策金融公庫の小規模事業から中小企業への融資制度)
・東京都中小企業制度融資(自治体と信用保証協会、金融機関が提供して行っている融資制度)

などがあります。

お住まいのエリアによって内容は異なるので、管轄エリアの商工会で確認してみてくださいね。
商工会では融資以外にも経営や税務・金融についての相談ができます。

まとめ:融資を受けたいけど分からないことが多い・・・融資希望時の相談はどこに?

融資や資金調達について相談できる窓口についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
思ったよりも選択肢が多いと感じた人もいらっしゃるのではないでしょうか?

事業の種類や会社によって最適な融資の形は異なるので、1つにこだわらずに色々な所に相談することをおすすめします。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています