フレッツ光を再契約する時の費用や注意点について解説! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.3

5 views

フレッツ光を再契約する時の費用や注意点について解説!

フレッツ光を再契約する時の費用や注意点について解説!

「フレッツ光に加入していた事があったけど再契約で何かお得になるのかな・・・」
「フレッツ光との再契約は新規契約と何か異なるのかな・・・」

過去にフレッツ光に加入しており、何らかの理由で解約した方で再契約したいこともありますよね。このような場合、再契約することはできるのでしょうか。

今回の記事では、フレッツ光の再契約をテーマに、再契約時の費用面や特典面を解説していきます。

フレッツ光の再契約はできるのか?

過去に解約したフレッツ光を再契約することは可能です。
ただし、以前加入したときとまったく同じ条件で利用することはできない可能性があります。

では、どのような内容だと再契約とみなされるのでしょうか?

同一住所で同一名義の場合は再契約となる

同一住所で同一名義の場合は再契約とみなされます。しかし、再契約となったとしてもカムバックキャンペーンなどは存在しないため、再契約によるメリットはほとんどありません。

あるとすれば、屋内配線を再利用することができる点でしょう。

費用は新規で契約したときと同じ

以前加入したことがあり、フレッツ光に再契約する場合にかかる費用は、新規時にかかったときと同様の登録金額がかかります。

契約料や工事費も同じですが、前に入っていた際に工事した屋内配線などが使える場合は、安く抑えることができます。

再契約時の注意点~一部の特典がなくなる~

再契約の場合は、前に加入していたときにあった一部の特典がなくなることがあります。
再契約で条件によって使えなくなってしまう特典には、「過去に割引などの適用を受けたお客さまは、対象外となる場合があります」と記載があります。(ギガ・スマート割引など)

フレッツ光を再契約するやり方

フレッツ光の再契約は、新規契約する場合と同じやり方でできます。電話かウェブから加入の申込みをすれば、申込みから約3週間後で工事が行われます。
そして、利用するための機器を設置してもらったら、再び使えるようになります。

再契約と新規契約の間にはほとんど差はない

再契約と新規契約の間にはほとんど差はないので、過去に契約をしていたことによってプラスな事はほとんど起こり得ないと言ってよいでしょう。

フレッツ光の公式ページにも、再契約を検討している方が閲覧するであろう再契約についての質問内で「また、新規ご契約時にご利用いただけるキャンペーンもご用意しております」という記述がされています。ですので、フレッツ光側も再契約と新規契約であまり区別していない事が伺えます。

参考:http://faq.flets.com/faq/show/6628?category_id=442

「過去に割引などの適用を受けたお客さまは、対象外となる場合があります」の記述有無

・にねん割(記述なし)
・クロススタート割引(記述あり)
・ギガ・スマート割引(記述あり)
・フレッツ光ライトもっとライトに!割引(記述あり)

上記を確認していただくと分かりますが、上記の内、「ギガ・スマート割引」と「フレッツ光ライトもっとライトに!割引」と「クロススタート割引」は、過去にその割引が適用されていれば、再契約の際は使えないという事です。

にねん割にはその記述がないので、再契約であってもにねん割を適用することができます。

しかし、フレッツ光の割引は光コラボのように派手に行っていないので、もし再度光回線を利用したいという場合は、光コラボを検討してもよいかと思います。

参考:https://flets.com/flets-hikari/#anc_waribiki

まとめ:フレッツ光を再契約する時の費用や注意点について解説!

今回は再契約がテーマでしたが、再契約ができればメリットになるかと言われればそうではなく、むしろ過去に適用されていた割引については使えなくなってしまいます。

メリットとしてあえて何か挙げるとすれば、屋内配線の再利用ができる点になります。
結論としては、新規契約とほとんど変わらないという認識で問題ないかと思います。

もし、フレッツ光と再契約を検討しているのであれば、新規契約とほとんど変わりはない為、光コラボも選択の視野に入れることをおすすめします。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています