起業するなら知っておくべき事業の企画書「事業計画書」とは? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.7.2

2 views

起業するなら知っておくべき事業の企画書「事業計画書」とは?

起業をしようという意気込みが生まれた次は、何をしたらよいのでしょうか?
この答えは企画書作りです。
企画書作りをきっかけとして、漠然とした起業への思いは現実的なものに変わります。

本記事では、起業における企画書について解説します。

起業を成功へ導く企画書とは?

起業は熱意や覚悟だけでは成功しません。
例え良い事業であっても、方針がしっかり決まっていなかったり、上手く他者へ伝えられなかったりすると起業さえできません。

起業の方針と将来性を上手に伝えるポイントとなるのが企画書、すなわち「事業計画書」と呼ばれるものです。
「事業計画書」には、起業における戦略や収益の見込みなどを他者にわかりやすく伝える役割があります。

「事業計画書」を作成した起業家の方が作成しない起業家よりも、起業後の売上が高い傾向にあるというデータも存在することからも、企画書が起業の成功に必要不可欠なものであることがわかります。

参考:https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/topics_190117_1.pdf

起業で企画書を作成する意義とは?

起業で企画書を作成する意義は大きく2つ存在します。

企画書を通して起業の熱意を出資者へアピールする

起業に際して、出資や投資、融資を受ける場合は、金融機関や投資家に企画書を必ず求められます。
金融機関は企画書を見て「起業後に滞りなく返済できるか」を判断し、融資を決めます。
また、投資家は企画書を見て価値のある起業か、将来性があるかを判断し、出資や投資を決めます。

つまり、企画書は起業で最も重要な「資金集め」を左右する重要なものです。
企画書の内容が重要なのはもちろんですが、企画書の完成度もアピールポイントになります。

数々の企画書を見てきた金融機関や投資家にとって、完成度の低い企画書は、熱意の低さと判断される場合があります。
すなわち、企画書の完成度を高めることは、起業家自身の信頼を高めることともいえます。

企画書の作成を通して起業について再考する

起業に際し、企画書には事業内容や資金計画、戦略を記載します。
今まで漠然とした起業後のイメージを企画書の作成を通じて明確にし、現実味を持たせることが可能です。

また、企画書を作成することで、起業家自身でも考えていなかったような問題点や、新たな魅力を発見できます。

起業の企画書に盛り込むべき内容とは?

起業の際の企画書には提出先に応じて色々なテンプレートがあります。
それらの内容を参考に企画書を作成するのもおすすめです。

多くの企画書には以下の項目が最低限記載されています。
どの項目も簡潔・明瞭に記すことがポイントです。
・創業者のプロフィールや企業概要
過去の事業経験、経歴は起業家自身の実績となります。

・起業の目的やコンセプト
なぜ起業をするのかを記載します。
起業の動機は、熱意をアピールするほか、困難に面したときの起業家自身の心の支えとなります。

・事業の内容や特徴、強み
事業について客観的、具体的に記載します。
事業の社会的価値や独自性をアピールしましょう。
将来の目標も記載できるとなお良いです。

・事業が成功する背景や戦略
政治情勢、経済環境、社会情勢、技術革新の状況を踏まえて、事業が成功するビジョンを記載しましょう。
市場のニーズや競合他社の存在について分析すると具体性が増し、説得力のある説明になります。

・資金計画
起業にあたり資金がいくら必要なのか、また起業後の月ごとの売上高や粗利益などを予測し、記載します。
表にまとめるとわかりやすくなります。

まとめ:起業するなら知っておくべき事業の企画書「事業計画書」とは?

起業に際しては以上のように企画書を作成するのがおすすめです。
インターネット上には、様々な企画書のサンプルや作成ツールが存在しますが、説得力のある企画書作りには、起業家自身が考え、自分の言葉で表現することが熱意を伝えるには重要です。

また、企画書が完成したら色々な人に見てアドバイスを受け、企画書をさらに磨き上げましょう。
以上のような企画書作りを通して、自然と起業家は成功へと導かれていくでしょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています