飲食店に流すのにおすすめなBGMの条件とは? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.5.7

11 views

飲食店に流すのにおすすめなBGMの条件とは?

飲食店での空間の演出において、BGMは欠かせないものです。
適切なBGMを選ぶことにより、飲食店の料理の味や居心地の良さが変わります。
つまり、BGMは回転率や客単価をも左右し、売上にも大きな影響を与えるのです。

しかし、飲食店の運営においてどのようなBGMを導入すればいいか、わからない方も多いと思います。
そこで本記事では、飲食店の雰囲気や時間帯ごとに、どのようなBGMがおすすめなのかご紹介していきたいと思います。

飲食店の雰囲気別おすすめBGM

それでは、それぞれの店舗別におすすめBGMを見ていきましょう。

飲食店のおすすめBGM〜洋食レストラン編〜

洋食を提供する飲食店にはクラシックのようなBGMが想起されがちですが、スタイリッシュな雰囲気を演出するにはピアノジャズやモダンジャズがおすすめです。
バッハやヘンデルといったバロック音楽も、飲食店の個性を演出するBGMとしてぴったりでしょう。

イタリア料理を提供する飲食店であれば、イタリアの風景を連想させるカンツォーネがおすすめのBGMです。
フランス料理に特におすすめしたいBGMとしては、魅惑的なシャンソンが挙げられます。

ステーキやハンバーグを提供する飲食店では、親しみやすいメロディのカントリーミュージックが店内の雰囲気を高めてくれるでしょう。

飲食店のおすすめBGM〜アジア・エスニック料理編〜

アジア・エスニック料理を提供する飲食店では、アジアの高級リゾートを彷彿とさせるオリエンタル・ヒーリングがBGMとして特におすすめです。
心と身体を癒す、リラックスした雰囲気を飲食店内に演出できます。

中華料理や中華風のエスニック料理を提供する飲食店では、伝統的な楽器によって奏でられる、流れるような音色の中国器楽のBGMがおすすめです。

飲食店のおすすめBGM〜カフェ編〜

カフェのようなおしゃれな飲食店でおすすめしたいBGMは、リゾート感、ヴァケーション感の演出にぴったりのボサノヴァです。
また、洋楽ラブバラードも心に響くBGMとしておすすめです。

思わず口ずさんでしまうようなヒット曲を流すのも、居心地の良さを演出するにはぴったりでしょう。

飲食店のおすすめBGM〜和食編〜

和食を提供する飲食店では、琴の演奏による筝曲のようなBGMがよく使われています。
筝曲の中でも、J-POPアレンジのBGMは和モダンの演出におすすめです。
その他に、和楽器を中心として構成されたBGMや、せせらぎの音などもいいでしょう。

また、敢えて和食にジャズを選択することでお店の個性を出すのも、1つの方法です。

飲食店のおすすめBGM〜居酒屋編〜

お酒を振る舞う飲食店でおすすめのBGMは、お客様の年齢層に合わせた懐メロです。
飲食店内のお客様の気分を盛り上げ、会話を弾ませる要素にもなります。

一方、フォークソングは飲食店内の昭和レトロの演出としておすすめしたいBGMであり、年齢層の高いお客様だけでなく、レトロを味わいたい若いお客様にも好評なBGMとなっています。

飲食店内の時間帯別おすすめBGM

飲食店の回転率を意識してBGMを選択するのもおすすめです。
ランチタイムやディナータイムにお客様が集中し、その他の時間帯は空いているという飲食店には、回転率に合わせたBGM選びがおすすめです。

繁忙時間と閑散時間とで、飲食店内のBGMのテンポ(BPM)を変えることにより、お客様の滞在時間への変化が期待できます。

繁忙時間におすすめのBGM

飲食店の繁忙時間には、ハイテンポのBGMがおすすめです。
テンポが速いBGMには、人の動きを速める効果があります。
つまり、飲食店内の滞在時間が短くなり、回転率を上げることができるのです。

加えて、ハイテンポのBGMにはお金を使う量や飲む量を増やす効果があることもわかっています。
そのため、回転率を上げたい飲食店や常に混んでいる飲食店、追加メニューで利益が上がらないランチタイムなどでは、ハイテンポのBGMがおすすめです。

回転寿司、ラーメン屋、チェーンの牛丼屋などの飲食店では、こういったBGMがよく使用されています。

閑散時間におすすめのBGM

飲食店の閑散時間には、スローテンポのBGMがおすすめです。
テンポが遅いBGMには、お客様の滞在時間を長くする効果があります。
滞在時間を長くすることで、1人当たりの単価を上げることができます。

効果を増強させるには、飲食店内の雰囲気に合わせたBGMを流すことが重要となります。
スローテンポのBGMは、コース料理をゆっくり楽しむ高級レストランや、ディナータイムに特におすすめです。

飲食店内のBGMにおすすめの工夫

雨音には気持ちをリラックスさせる効果があります。
雨の日には、「しっとりとしたジャズに雨音を重ねてBGMとして流してみる」といった一工夫もおすすめです。

また、誕生日やプロポーズなどのサプライズ演出にマッチしたBGMをその都度カットインさせる演出も、お客様に好まれるおすすめの工夫です。

飲食店内の季節別おすすめBGM

季節ごとにおすすめの料理を出す飲食店では、季節ごとにBGMを使い分けることで料理の魅力を高められます。
季節感を演出することで、料理や飲食店の雰囲気が盛り上がり、お客様はより満足感を得ることができるのです。

正月には筝曲や和楽器中心の曲、バレンタインの季節には洋楽ラブバラード、クリスマスにはモダンジャズが飲食店内の雰囲気を盛り上げるために特におすすめのBGMです。

まとめ:飲食店に流すのにおすすめなBGMの条件とは?

飲食店内で流すBGMを選ぶときに最も重要なことは、「飲食店の理想とする雰囲気は何か」「お客様に空間をどう感じてほしいのか」をきちんと想像することです。
飲食店内のBGMはその飲食店のコンセプトを表現する役割を果たし、BGMをきっかけにお客様との会話が弾むことさえあります。

既成概念にとらわれないBGMを流せば、従来とは異なる客層を飲食店に呼び込むことができる上、飲食店の個性を発揮することができます。

店舗BGMストアではあなたの飲食店におすすめなBGMを提案致します

以上のように、同じ飲食店であっても、理想の雰囲気や客層、時間帯によっておすすめのBGMは変わってきます。

店舗BGMストアでは、場面や目的ごとのおすすめBGMを熟知した専属コンシェルジュが、BGM選びをサポート致します。気になる方は、ぜひ店舗BGMストアまでご相談ください。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています