オフィス設備にIotを導入する企業が続々!Iotの導入でどう変わる? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.7.2

23 views

オフィス設備にIotを導入する企業が続々!Iotの導入でどう変わる?

今、多くの場所で導入が進んでいる「Iot」。
オフィスにIotを導入する企業も増えてきています。
しかし、「Iotって何?」「耳にしたことはあるけど、詳しく知らない」という方も少なくないでしょう。

そこで今回は、オフィスにIotを導入する事でどう変わるのかを、Iotとは何かをお伝えした上で解説します。

Iotとは?

Iotは「Internet of Things」の略で、直訳すると「モノのインターネット」です。
これまでインターネットにつながる「モノ」と言えば、パソコンやスマートフォンのような端末だけでしたが、家電や自動車といった「モノ」もインターネットに接続できるようになってきています。

Iotを用いた製品には、
・音声で様々な操作を行ってくれるスマートスピーカー
・高齢になった親の使用状況を離れて暮らす家族に知らせ、安否確認ができる電気ポット
・照明器具や空調をまとめて制御・操作できるタブレット
・映像を遠隔地からでも確認できる防犯カメラ
・ペットのエサを遠隔操作で与えることのできる給餌器

などが挙げられます。

その他、エアコンや冷蔵庫といったモノや、自動車やバスといった交通に関するモノなど、さまざまなところでIot技術が活用されはじめています。

オフィスにIotを導入するメリット

Iot技術の導入は、会社においてもメリットがあるため、導入を検討する企業も増えています。

オフィスへのIot導入で作業効率が上がる

Iotをオフィスに導入することで、様々な作業の自動化が実現できます。
単純作業を自動化すれば、業務効率が上がり人件費削減にもつながります。
例えば、従来なら紙の書類で行っていたさまざまな社内申請もIot化を進めることで、紙の書類をさばく担当者の業務が低減し、作業効率を向上させることが可能です。

その他Iotによるペーパーレス化によって、経費が削減できるというメリットもあります。
また、オフィスの空調をネットワークに繋げて最適化することで、これまで社員が作業を中断して行っていた空調も自動化でき、人が行う必要のない作業を減らすことも可能です。

さらに、機械の稼働状況や頻度などをIotで可視化し、取得されたデータをIotで分析することで、効率的な人員配置などを行うことが可能になり、人事担当の業務負担を軽減させることもできます。

オフィスにIotを導入すればさまざまなコストが削減できる

オフィスのIot導入は、光熱費などライフラインのコスト削減も可能になります。

空調設備のIot化は、社員の作業効率を上げる効果以外に、光熱費の削減効果も期待できます。
空調設備をIot化することで、オフィス内に取り付けた温度・湿度センサーがデータを取得し、自動で最適な温度・湿度に調整できるようになります。

それによって空調の効き過ぎが防げるので、空調にかかる無駄なコストを抑えることが可能です。
また、オフィス内にセンサーを設置し、オフィス内の人が座った場所の明るさを各々合うように調整できるようにすることも光熱費の削減に繋がります。

まとめ:オフィス設備にIotを導入する企業が続々!Iotの導入でどう変わる?

Iotをオフィスに導入することでオフィス環境が快適になり、仕事の効率が向上するでしょう。
また、Iot化によりコスト削減効果も期待できるので、オフィスに導入することで得られるメリットは大きいです。

しかし、オフィスにIotを導入するには、オフィスのインターネット環境を整える必要があります。
Iotを導入すると必然的にデータ通信量が増えるので、それを推し進める際はインターネット環境の見直しが必要となることは覚えておきましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています